アサヒグループ食品の『やみつきホルモン』を食べてみる

こんにちは、コンビニ飯ブロガーのエイチゴ(@Greed60032651)です!
食べて美味しかったものや気になったものをレビューしていきたいと思います!

アサヒグループ食品の『やみつきホルモン』

今回ご紹介するのは、アサヒグループ食品の『やみつきホルモン』でございます。

私はこれが大好きでして、見かけると買ってしまうので、やみつきになってしまってますね!
セブンイレブンで販売されていました。

では『やみつきホルモン』というのが何者かといいますと、上の写真で豚さんが出ているように、豚のホルモンのハツとガツをフライ乾燥させて味付けしたものです。

ちなみにハツは心臓、ガツは胃でございます。

原材料名

『やみつきホルモン』の原材料名

栄養成分表示

『やみつきホルモン』の栄養成分表示

エネルギー:64㎉
たんぱく質:8.7g
脂質:3.0g
炭水化物:0.61g(糖質:0.42g/食物繊維:0.19g)
食塩相当量:0.73g

『やみつきホルモン』を食べてみた感想

『やみつきホルモン』の中身をお皿に移した写真

黒いのがハツで、黄色っぽいのがガツですね。

量はこれで全部です。
17gなので、量自体は多いとは言えないですね。

お値段は168円でこの量は少ないように見えるかもしれませんが、ホルモンをフライ乾燥しているから縮んじゃってるのであって、普通のホルモン焼きだったらと考えると、これくらいの値段がするのは普通かな、という気もします。

『やみつきホルモン』アップ画像

ではまずガツ(胃)をいただきます。

口の中に入れて、噛んで、まず最初に抱く感想は『石』です😅

何コレ、カタァ~~、って思うのですけど、ちょっとずつ噛みしめているとだんだん柔らかくなってガツの味がじわぁ~っとしてきます。

ここがやみつきになるポイントですかね。

食べて、美味い!ってなる味ではなくて、スルメのように噛みしめてると滲み出てくる味わい。それがクセになります。

お次はハツ(心臓)です。

こちらはガツに比べれば柔らかさを感じます。
食感的にはビーフジャーキーな感じですね。
でも味わいはちゃんと塩だれをつけたハツの味わいがあります。


発売が2016年のようで、けっこうなロングヒットしている『やみつきホルモン』

当然お酒のおつまみにもいけますし、私は仕事の合間に食べてたりしてますね。

なんてったって炭水化物(糖質)が1g以下なので、変なお菓子とか食べるより太るのを気にしなくてすみますからね。

スルメやビーフジャーキーなどの乾物が好きで、ホルモンも好きという人なら気に入ってもらえるんじゃないかと思います。

ごちそうさまでした。

created by Rinker
アサヒ やみつきホルモン 17g×10袋