セブンの『大きな手巻おにぎり 紅鮭といくら』を食べてみる

こんにちは、コンビニ飯ブロガーのエイチゴ(@Greed60032651)です!
食べて美味しかったものや気になったものをレビューしていきたいと思います!

『大きな手巻おにぎり 紅鮭といくら』

セブンイレブン大きなおにぎりシリーズの紅鮭といくらでございます。

写真を撮るとき比較用の何かを用意しておけばよかったかな。
通常のコンビニおにぎりの、ざっと1.5倍くらいの大きさですかね。

原材料名

『大きな手巻おにぎり 紅鮭といくら』の原材料名

栄養成分表示

熱量:262㎉
たんぱく質:7.5g
脂質:2.8g
炭水化物:53.1g(糖質:50.4g/食物繊維:2.7g)
食塩相当量:1.6g

製造会社はフジフーズ株式会社

税込み297円でございます。

『大きな手巻おにぎり 紅鮭といくら』を食べてみた感想

『大きな手巻おにぎり 紅鮭といくら』を袋から出した写真

袋の取り外しも簡単です。

やはり1.5倍くらいの大きさがあると食べ応えもありそうですね。

それではいただきます

『大きな手巻おにぎり 紅鮭といくら』のおにぎりを半分に割った写真

あむっと

大きめのおにぎりだから、右側に鮭、左側にイクラ、みたいに分けてるのかなと思っていましたがそうではなくて、鮭とイクラ一緒になっているという感じですね。

鮭は荒ほぐしな感じで、ほどよい塩っ気が美味しく、しっかりと鮭を食べてる感じはあります。

それにイクラのプチプチっとした食感も加わり、イクラと鮭のハーモニーを味わえるところではある、のですが…

うーーん。

上の写真で見ると鮭とイクラが半々くらいに見えるかもしれないのですが、実際は鮭のほうが断然量が多いです。

鮭は身もしっかりしていて美味しいものの塩っ気もそれなりにあって、イクラの量が少ないこともあり、鮭の存在感のほうが圧倒的に強いんですね。

なので、中心部を食べるときだけイクラをちょっと味わえて、あとは鮭。という感じです。


味自体はさすがセブンのおにぎりという具合で美味しいんですけれど、約300円というお値段を考えちゃいますと、単に大きなおにぎりというだけじゃなくて、具材も一杯味わえるんじゃないかと期待しちゃいますからねー

これならばあと数十円値段が上がっても普通のおにぎりを2個買うほうがいいかなぁという気にはなります。

「紅鮭といくら」という商品名ですとやっぱりイクラを期待するんですよ。
鮭は美味しいですよ。
でも鮭とイクラとなったらイクラなんです(笑)主役は!
ですので最低でも半々。できれば6:4くらいイクラが多くて初めて満足がいくんです。

もちろんコストとか知らないからこんなテキトーなこと言えるんですけどね😅

味うんぬんよりも、具材の量とお値段のバランスでちょっと満足感が足りないおむすびではありました。
ごちそうさまでした。