セブンの「辛さ後引くホイコーロー焼そば」を食してみる

2020年4月8日

こんにちは、コンビニ飯ブロガーのエイチゴ(@Greed60032651)です!
食べて美味しかったものや気になったものをレビューしていきたいと思います!

辛さ後引くホイコーロー焼そば

今日はセブンイレブンの「辛さ後引くホイコーロー焼そば」でございます。

最近の焼そば業界は、麻婆豆腐焼そばがあったり、チンジャオロース焼そばがあったり、もう中華ならなんでもアリな感じすらしてきていますが、今回はホイコーロー焼そばとなります。

以前食べた「チンジャオロース焼そば」と「麻婆豆腐焼そば」はこちら

さて、ホイコーロー焼そばはどんな感じなのでしょうか、食べてみたいと思います。

高温で炒めて風味よく仕上げた焼そばに、ホイコーローを盛り付けました。刻み豆鼓と熟成豆板醤を使い、辛味とうま味の効いたホイコーローです。

https://www.sej.co.jp/

原材料名と栄養成分表示

「辛さ後引くホイコーロー焼そば」の原材料名と栄養成分表示

熱量:623㎉
たんぱく質:17.3g
脂質:31.7g
炭水化物:71.2g(糖質:62.8g/食物繊維:8.4g)
食塩相当量:3.9g

お値段498円(税込み537円)でございます。

「辛さ後引く ホイコーロー焼そば」を食べてみた感想

「辛さ後引くホイコーロー焼そば」を温めてフタを取った写真

まぎれもなく、焼そばの上にどーんとホイコーローが乗っかってる感じですね。

それではいただきます。

「辛さ後引くホイコーロー焼そば」の麺を箸で持ち上げて撮った写真

焼そばの麺は、もちもちな感じではなくて、しっかりと鉄板とかで焼いた感じのある麺で、焦げ目とかもちょっとあったりして、なかなか香ばしい麺です。

ホイコーローはしっかり豆板醤が効いていてピリ辛で、まさにザ・ホイコーローと言っていいホイコーローですね。

「辛さ後引くホイコーロー焼そば」に入っているキャベツ

肉が多いのも嬉しいですが、キャベツとかも大きめに切られていまして、シャキシャキとした食感がよく食べ応えがあります。

全体を食べた感想といたしましては、ホイコーローは美味しく、焼いた感じの麺も悪くない。
悪くないのですが…これは好みの問題かもしれないのですが、硬めの麺とホイコーローが合ってない感じがしてしまいました。

焼きを入れて硬めにした麺は汁気が多めの具材の時にはいいんですよ。あんかけ系とか麻婆豆腐とか。

今回のホイコーロー焼そばは具材はしっかりあっても汁はそんなに多くない感じでしたので、麺がモシャモシャっとした食感になってしまって、どうもホイコーローと麺とのバランスが良いようには感じられなかったのです。


先にも書きましたがこれは好みの話かもしれません。
具材のホイコーローは美味しかったですし、麺もマズイという訳ではないです。逆に焼きがある麺は好きなくらいなのですが、今回は焼そばの麺の食感とホイコーローとの組み合わせがちょっと自分には合わなかったな、という感じです。

またリニューアルしたらもう一度トライしたいと思います。
ごちそうさまでした。