セブンイレブン『バター香る!海老ピラフ』を食す

こんにちは、コンビニ飯ブロガーのエイチゴ(@Greed60032651)です!
食べて美味しかったものや気になったものをレビューしていきたいと思います!

『バター香る!海老ピラフ』

セブンイレブン2020年2月25日発売のリニューアル新商品『バター香る!海老ピラフ』でございます。

同じ商品名で冷凍のピラフもありますね。
冷凍ピラフをカップで出したときはなかなかの衝撃をうけましたが、正統派お弁当のこちらはどうでしょうか。

海老を彩りよく盛り付けた、食べ応えのあるピラフです。野菜のうま味とバターの風味があります。(1食あたり369kcal)

https://www.sej.co.jp/i/item/08040247.html?category=104&page=1

ちなみにチャーハンとピラフの違いはご存じでしょうか。

チャーハンは中国発祥で、ピラフはトルコとかの中近東発祥の料理で全然別物なんです。

チャーハンは炊いたお米を油で炒めたもの、ピラフは生米をバターで炒めた後にスープらで炊いたものです。

なので本来のピラフはチャーハンのようにパラパラしたものではなくて、炊き込みご飯みたいな感じなのです。パラパラしているピラフは、西洋チャーハン風の独自のアレンジなんだそうです。

原材料名

『バター香る!海老ピラフ』の原材料名

栄養成分表示

『バター香る!海老ピラフ』の栄養成分表示

熱量:369㎉
たんぱく質:8.7g
脂質:6.5g
炭水化物:69.8g(糖質:67.8g/食物繊維:2.0g)
食塩相当量:3.4g

製造会社はわらべや日洋(株)
税込み320円でございます。

『バター香る!海老ピラフ』を食べてみた感想

『バター香る!海老ピラフ』を温めてフタを取った写真

具材は中央の海老を筆頭に、たまねぎ・コーン・ニンジン・マッシュルームが入っているようです。

ライスの量とかはそれほど多くはなく、ミニ弁当という位置づけですね。

『バター香る!海老ピラフ』の海老

海老は小ぶりではありますが、プリプリしている感じ。
醤油タレがかかってます。

『バター香る!海老ピラフ』のライス部分

それではいただきます。

ライスはベチャっとした感じはなく、バターの香りと風味、野菜の甘みがあって、なかなかいい味わいですね。

やはり冷凍カップピラフとの一番の違いは海老になるでしょうね。

冷凍カップピラフにももちろん海老は入ってますが、冷凍から温めるから身は堅くなってしまうので、ピラフに中にはいっている具材のひとつくらいの位置付けになってしまいます。

こちらは恐らく、海老をご飯と一緒に煮たり炒めたりしていなくて、後からボイルした海老を乗っけたという風にしていると思うのですけど、柔らかくてプリッとした海老の食感を楽しめ、ライスと一緒に食べることでバターの風味と魚介の海老の旨みが合わさり、まさしく海老主体の海老ピラフを味わえます。


海老ピラフとして美味しくはありましたが、個人的に不満な点がひとつだけあって……

チャーハン、あるいはピラフの容器は丸くなければいけません!
四角いお弁当箱型の容器では味が二割落ちるんです。

冗談に聞こえるかもしれませんが、割とマジで言っています😅

理由は分かりませんが私はそう感じるので、次回リニューアルでは容器は丸くしてい欲しいと切に願います
m(_ _)m

ごちそうさまでした。