セブンイレブンの冷凍食品『関西風だしの肉うどん』を食べてみる

こんにちは、コンビニ飯ブロガーのエイチゴ(@Greed60032651)です!
食べて美味しかったものや気になったものをレビューしていきたいと思います!

『関西風だしの肉うどん』(冷凍)

セブンイレブンの冷凍食品。甘辛牛肉と九条ねぎの具材入り『関西風だしの肉うどん』でございます。

私は関東人でございまして、関西には旅行で行ったことはありますが、うどんや蕎麦は食べたことがなく、関東で食べる関西風というものしか食したことがありません。
なので本当に関西の味なのかどうかは分からないのですけれど、細かいことは気にせずにご参考にしていただければ幸いです😅

原材料名と栄養成分表示

『関西風だしの肉うどん』の原材料名と栄養成分表示

エネルギー:368㎉
たんぱく質:11.7g
脂質:9.9g
炭水化物:59.9g(糖質:56.9g/食物繊維:2.0g)
食塩相当量:5.2g

セブン&アイグループと株式会社キンレイの共同開発商品。
キンレイは京都の会社で冷凍調理面とかを主に作っているみたいですね。

お値段228円(税込246円)でございます。

『関西風だしの肉うどん(冷凍)』を食べてみた感想

電子レンジとボイルの二通りの作り方がありますが、今回は電子レンジで調理したいと思います。

『関西風だしの肉うどん』の袋から取り出した中身

袋を開けると中は麺&具材とスープタレが入っています。
麺&具材を別皿に置いて電子レンジへ。 500wで5分、600wだと4分20秒温めます。

『関西風だしの肉うどん』のツユ

お湯を250㎖とスープタレをいれます。
関西風だからですね、淡い綺麗な色合いのスープですね。

これに電子レンジで温めた麺と具材をいれればはい完成ー!

具材はちょっと少なめですけどね、約250円というお値段を考えると仕方がないかな。

それではいただきます。

麺はつるつる&もちもちしていて美味しいです。
今の冷凍麺ってこんなに美味しいんだぁと感心します。

そしてツユもいい感じですね。
薄口醤油のまろやかな味わい、昆布やかつおぶしのうま味。原材料を見てみるといわし削りぶし、さば削りぶしなども使われているようで、あっさりとしていながらも非常にうま味に溢れたツユでとても美味しい。

そして、このうどんを美味しくさせているとても重要なのがこのお肉。

見た感じ量も少ないですし、オマケみたいなものかなと思っていたのですが、この肉は持つと崩れるくらいに細かくなっていて、粗めのミンチ状になってます。
ちゃんと肉として食べられるのは小さな一切れくらい。

でもこの甘辛に煮てある牛肉のうま味が、脂が、まろやかなツユに浸透していってうどんをより一層美味しいものへと昇華させていってくれるのです。


具材としての肉の量は少なかったものの、肉のうま味は充分に感じ取れる肉うどん。
肉がもっと多かったらもっと満足できそうですけれど、250円と考えるとさすがに我が儘も言えないかな😅
個人的にはもう50円値段を上げても肉を多めにしてくれると嬉しいくらいです。

まろかやな関西風だし、肉のうま味、冷凍とは思えない麺、コスパ良し、総合的にみても美味しいうどんでした。
ごちそうさまでした。

あとちなみに、この関西風うどんのおつゆはとても美味しかったのですが、薄口醤油のほうが濃い口醤油よりも塩分濃度は高いので、まろやかな味わいで飲みやすいといって汁を全部飲んだりすると思いのほか塩分は多いです。
血圧高めの方はご注意ください😅