ローソンセレクト『豚バラの炭火焼』 を食べてみる

こんにちは、コンビニ飯ブロガーのエイチゴ(@Greed60032651)です!
食べて美味しかったものや気になったものをレビューしていきたいと思います!

豚バラの炭火焼パッケージ写真

備長炭で豚の旨みをギュッと閉じ込めた、ローソンの『豚バラの炭火焼』でございます。

脂がのった豚バラ肉を備長炭を使って炭火で香ばしく焼き上げました。おかずやおつまみとしてはもちろん、温かいご飯にのせるだけで、スタミナたっぷりな豚バラ丼にもできる、便利な一品です。

https://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/160329_902875.html

原材料名

「豚バラの炭火焼」の原材料名

写真がちょっと歪んじゃってすみません😅

栄養成分表示

「豚バラの炭火焼」の栄養成分表示

エネルギー:338㎉
たんぱく質:13.5g
脂質:29.5g
炭水化物:4.6g
食塩相当量:2.1g

原産国は中国。ローソンとフードリンク株式会社の共同開発商品ですね。
フードリンクは三菱商事グループの食肉専門商社とのこと。
税込み298円でございます。

「豚バラの炭火焼」を食べてみた感想

「豚バラの炭火焼」を温めてお皿に移した写真

調理は湯煎をするか、お皿に移してからの電子レンジ。
電子レンジだけで全部を済ませる昨今の風潮からするとやや手間ではありますね。

温めてお皿に移しますと、大きめの豚バラ肉がどーんとでてきます。
んーー炭火で焼いたちょっと焦げたような匂いがいいですね。

「豚バラの炭火焼」を箸でつまんだ写真

それではいただきます。

肉は大きく、厚みもそれなりにあり、食べ応えを感じる十分な大きさ。
ソースは醤油・みりんベースのやや甘めのタレ。でもタレの量もそんなにべっとりではなく、ほどよい量と甘さが肉の味を邪魔しない。

炭火焼きの風味もしっかりあり、脂も乗っていて食べ応えのある豚バラ肉。なかなか完成度は高いですよ。

私はお酒のおつまみとして食べましたけれど、これならご飯のおかずとしも十分いけますね。
豚バラ丼にするならもうちょっとタレの量が欲しいところですが、焼き肉のタレを用意しちゃって豚バラ丼にするのもありよりのありだと思います。

豚バラの炭火焼の豚肉

満足のいく大きさとほどよい甘さのタレで豚肉を存分に味わえる、ローソンセレクト『豚バラの炭火焼』

温め方が、湯煎か別皿電子レンジというのが多少面倒ではありますが、それを補うほどの満足感はありました。
なかなか良かったです。

ごちそうさまでした。