「カットステーキプレート 和風グレービーソース」を食す。ステーキ弁当にとって大事なものとは【セブンイレブン】

2020年4月16日

こんにちは、コンビニ飯ブロガーのエイチゴ(@Greed60032651)です!
食べて美味しかったものや気になったものをレビューしていきたいと思います!

カットステーキプレート 和風グレービーソース

今回はセブンイレブンの『カットステーキプレート 和風グレービーソース』でございます。

税込み594円はセブンイレブンのお弁当でも結構高額になりますね。
どんなステーキなのか、食べてみたいと思います

カットしたステーキと御飯を組み合わせたお弁当です。脂身の多いカルビと赤身の多い肩ロースの牛肉を使ったステーキは、食べ応えがあります。高温短時間で炒めたシャキシャキの野菜を組み合わせました。玉ねぎや赤ワインなどを煮詰めた和風のグレービーソースをかけてどうぞ。

https://www.sej.co.jp/

ちなみに、グレービーソースというのを知らなかったので調べてみたのですが、gravy(グレービー)とは肉汁という意味で、肉汁にワインやブイヨンなどを加えて煮込んで、塩・こしょうなどで味を調えたもの、だそうです。

原材料名と栄養成分表示

「カットステーキプレート 和風グレービーソース」の原材料名と栄養成分表示

熱量:583㎉
たんぱく質:18.1g
脂質:21.7g
炭水化物:79.9g(糖質:77.8g/食物繊維:2.1g)
食塩相当量:1.6g

お値段550円(税込594円)でございます。

「カットステーキプレート 和風グレービーソース」を食べてみた感想

「カットステーキプレート 和風グレービーソース」を温めてフタを取った写真

はい、温めました。
これに添付されていたグレービーソースをかけます!

「カットステーキプレート 和風グレービーソース」にグレービーソースをかけた写真

ちょっと甘い香りと醤油の香りもするグレービーソース。
ステーキ感が増してきましたね。

それでは食べてみたいと思います。

玉ねぎを赤ワインやブイヨンで煮込まれたグレービーソースは、醤油ベースの味わいの中に野菜の甘みやコクがあって、ステーキによく合うソースですね。

お肉は肩ロースとカルビの2種類。
赤身の肩ロースは歯ごたえはあるものの十分に柔らかく、牛肉の旨みを味わえます。
カルビも脂が乗っていてね、美味しいです。

肉の下には野菜が敷き詰められていています。
野菜の種類はキャベツ、玉ねぎ、もやし、人参の4種類。

思った以上に野菜はたくさん入ってましたね。
肉と野菜両方とれるので、健康バランスもよさそうです。


ここから先は完全に個人的な感想になります。



野菜はいらない!肉をもっと!!!!


下が野菜炒めになっているので肉の量もそれほどは多くはなく、焼き肉に比べれば厚手のお肉ではありますが、ステーキを食べてると言うほど肉をガッツリ食べてる感じがないんですよね。

少し厚めの焼き肉の肉に、ステーキソースをかけて食べた、みたいな印象なのですよ。

野菜は別でサラダとか買うから、ステーキを名乗るならもっとを充実させて欲しいのです!

というわけでして、グレービーソースは美味しかったですし味自体には不満はないのですが、肉量的に満足感が足りなかったお弁当という感じにはなってしまいました。
ごちそうさまでした。